“ロックオン英語イスト”しんまん


昨日の夜は、近所のショットバーで、懐かしい友人“しんまん”と再会。楽しい夜でした!

彼は小学校からの親友で、高校から離れてしまい、その後も地元で接触する機会がもてなくて。。。

去年から、福光が運営する『タイトル英語』サイトに“しんまん”名義の書き込みが数回ありました。

最初にほんの一瞬まさかと思っただけで、彼本人であることに全く気づかなかった自分がアホでした(笑)


しんまんの顔を見るのは、実に20年ぶり!

お互いのルックスは“おっちゃん”。

でも、20秒もすれば、教室の前の廊下ですれ違って「オッス」をかわす中坊どうしに逆戻り。


かといって、200分しゃべっても、それぞれの主演ドラマは第1シーズンの3話目ぐらい。

それでも、できるだけ語り尽くそうと、フランスパンの早食い競争みたく、しゃべりまくりました。(^^;)



彼は、工業用機器の売れっ子整備士であり、ミュージシャンであり、格闘家であり、カーレーサーでもあり、パパ業にも忙しい。

そして、なによりも“ロックオン英語イスト”!

。。。福光が勝手に命名。。。(o ̄∇ ̄o)♪


彼の語学遍歴を教えてもらったところ、いわゆる学校英語に全くふりまわされていません。

楽しいことに目標を定め、英語をつかってそれを達成してきたので、自然に実践英会話力が身についたようです。


さすがは、少林寺や極真空手に長けているだけあり、狙いの定め方や実践力が二枚も三枚も上手です。

カクテルで酔っぱらった頭に、“ロックオン英語イスト”という言葉がひらめきました。

そのココロは。。。


  • 「lock on」=「レーダー自動追跡の照準をロックする」
  • 「rock on」=「思いっきり楽しむ」(+ロック音楽好き)

そして、具体的な彼の英語学習の特徴はこんな感じ:

  1. 英語でやりたいこと有り!
  2. 英語のテキストを丸暗記!
  3. それを適当な場面で使う!
  4. アメリカへのあこがれ大!
  5. その他の外国語にも応用!

そう言われれば、自分も“ロックオン英語イスト”かも!

と思われる方は、コメントをくださ~い!(ノ^∇^)ノ



それにしても、「懐かしい」という日本語を、昨夜ほど実感したことはありません。

国語辞典を引いてみると、「なつく」が形容詞化したものという語源。

「なつきたい」→「もっと身近に慣れ親しみたい」という意味になったそうです。


ということで、しんまん、これからも月次ミーティングにて、慣れ親しみませう!(笑)


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック