『走れメロス』+文化勲章を受賞されたドナルド・キーンさん

先々週、文化勲章の受賞がきまりましたね。

小沢征爾さんや田辺聖子さんらとならび、

外国人として初のドナルド・キーンさん。


日本文学を世界に向けて叫び続け半世紀!

(しつこいですが、“怒鳴るとキーン”)

海軍の語学将校のときに覚えた日本語を、

当時の敵国文化の流布に生かそうなんて、いかしてますね!



受章の喜びを伝えたい人は?

「紫式部さんに、一番に伝えたい」

って、やっぱ、いかしてます!

(ちなみに今年は『源氏物語』の千年紀)


受賞者の皆さん、おめでとうございます!
 


タイトル英語 第736号『走れメロス』を、メルマガ配信・サイト公開しました!

【邦題】走れメロス

【英題】Run, Melos!



読みどころ

  1. 【作品】は、1940年の小説(1988年の翻訳)について。
  2. メルマガにしては、ありえなく長文コラム! 444行、原稿用紙10枚以上!
  3. NHK教育TV『つくってあそぼ』&『できるかな』のパロディで、命令形の解説。
  4. 古来の日本語に句読点はなかった!
  5. 賞状・感謝状に句読点は使われない!
  6. タイトルやネーミング中の「。」について。
  7. 2109年に思いをはせて。
  8. 参照の友“ウィキペディウス”の処刑に値する記述ミス!
  9. タイトル英語イストはなぜ走るのか? メロスの引用と現実。
  10. 「melos」=「旋律(メロディー)」。
  11. ♪『走れコウタロー』との関連。
  12. 「Melos」=「ミロス島(メロス島)」。
  13. 映画『300』やプラトンとのカラミ。
  14. 厳密なギリシャ語名なら、『走れ、メーレ!』?
  15. ネスレの「ミロ」の由来は、ギリシャ人レスラー「ミロン」。

聴きどころ

  1. ヒラメキ例文では、また叫んでいます!

→ タイトル英語 第736号『走れメロス』の本編は、コチラからお楽しみください!

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック